モビットだけにあるWEB完結

近年、銀行系消費者金融という言葉が良く使われますが、現在では大手・中堅の消費者金融のほとんどは銀行の関連会社になっています。

その中の一つに「モビット」があり、三井住友銀行グループに入っています。モビットは2000年に設立された新しい会社ですが、以前、竹中直人と桃井かおり(現在は夏菜)のテレビCMが頻繁に流れていたので、名前は良く知られています。

モビットは新しい会社だけにネットバンクと同じように、自社の有人店舗を持っていません。その代わりにインターネットを積極的に活用しており、その典型が「WEB完結」というインターネット専用のキャッシングシステムです。

モビットWEB完結とは

WEB完結というのはどこの業者でもやっているようなただ単に、インターネットで契約を申込んで、インターネットから借り入れるというだけではなく、審査時にすべての業者が必ず行っている「電話による申込確認」や「電話による勤め先への在籍確認」をしていません。

さらに、契約書類の利用者への郵送やモビットへの書類の送付も全て廃止しており、借入や返済をした際の利用明細書も自宅に送られてきません。

これは消費者金融審査においては、画期的なことなんです。特に在籍確認を取らないというのは、消費者金融側にとってみれば、リスクがあることです。しかし、借り手側から見れば、勤務先や自宅への在籍確認と、自宅への契約書・カード郵送は最も嫌な行為なのです。

モビットは、この点に着目し、電話連絡・郵送物一切無しで借りられるWEB完結を導入しました。

これによって、今まで書類・カード郵送や在籍確認があったために、申込みをためらっていた人に強力なアプローチができるようになったのです。

カテゴリー: 消費者金融 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です