クレジットカードキャッシング金利は高い?

お金を借りる場合、消費者金融や銀行カードローンで借りる人と、持っているクレジットカードのキャッシング機能から借りる人に分かれます。

しかし、多くの人は、クレジットカードでキャッシングした場合の金利はあまり詳しくわかっていません。クレジットカードで有名なのは、アメックスや、JCB、三井住友VISAカードがありますが、それらのカードからキャッシングした場合、おそらく、金利は17%~18%の設定となっているのです。

消費者金融で借りた場合の金利も17%~18%となりますので、クレジットカードのキャッシングは金利が高いということになります。

それに加え、クレジットカードでキャッシングした場合、ほとんどが次回翌月に一括払いとなります。キャッシング後に分割のリボ払いへ変更すれば大丈夫ですが、そのままだと翌月に大きな請求が来るのです。

例え分割リボ払いにしたとしても、最低の返済額は消費者金融の方が圧倒的に低いと言えます。例えば、プロミスやアコムなどは、10万円借りた場合、最低返済額は4千円程度です。オリックス銀行カードローンなら30万円以下は毎月7千円以下でOKとなっています。

しかし、クレジットカードのキャッシングで分割リボ払いの場合、最低1万円の返済等になっている為、月々の負担が大きいのです。

これらのことを良く考えれば、クレジットカードからキャッシングするよりは、消費者金融から借入した方がメリットが断然に高いのです。

但し、クレジットカードのメリットは、カードを入れればすぐに現金が引き出せる点です。消費者金融では申込み⇒審査⇒契約⇒借入という流れになっているので、現金が借りられるまで、ある程度の時間がかかってしまします。

その点は、クレジットカードのキャッシングの方が即借入でき、便利と言えるでしょう。

カテゴリー: キャッシング金利 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です